【びっくり】iPhone 6/Androidともダウンロード速度No.1は

Rush_hour_at_Shinjuku_02

2014年10月23

日経BPコンサルティングは全国の乗降者数上位500駅にてiPhone6を取り扱うキャリア(SoftBank、au、docomo)を対象に「全国主要500駅 LTE/4G通信速度調査」を実施し調査結果を発表しました。

 

調査を行ったのは2014年10月3日~10日の8日間。

各通信キャリアの9/19に発売したiPhone6と最新Android端末を含めた軽6機種で調査を実施。

対象機種は、

NTTドコモの「iPhone 6」、「GALAXY S5 SC-04F」

KDDI(au) の「iPhone 6」、「Xperia ZL2 SOL25」

ソフトバンクモバイルの「iPhone 6」、「AQUOS CRYSTAL」


下りはiPhone 6、Android両端末、softbunkが最速。

zu01s

 

今回、LTE/4Gでつながった駅のうちデータ通信のダウンロード速度が最も速かったのは、iPhone6、Android端末ともソフトバンクモバイルだった(図1)。全国エリアでは、ソフトバンクモバイルの「AQUOS CRYSTAL」が37.67Mbpsで最速。次いで僅差で、同じくソフトバンクモバイルの「iPhone 6」の37.51Mbpsが続いた。特に西日本エリアでは、「AQUOS CRYSTAL」が40.53Mbps、「iPhone 6」が39.99Mbpsとハイ・スピードだった。

大量のWeb画面をブラウジングしたり、写真や動画などのコンテンツを閲覧したりする際には、ダウンロード速度が速いほど有利である。昨年よりソフトバンクは、FDD-LTEに加えてTD-LTEに対応した2層による高速通信が可能な「Hybrid 4G LTE」を提供している。Android端末に加えて、iPhone 6の端末自体がTD-LTEに対応したこともあり、「Hybrid 4G LTE」によるネットワーク強化の取り組みが生かされて、今回のダウンロード速度No.1という結果をもたらした要因だと考えられる。

 


 

上りはiPhone 6、Android端末ともNTTドコモが1位に。

zu02s

 

 一方、iPhone6、Android端末ともアップロード速度が最も速かったのは、NTTドコモ。特に同社のiPhone 6が6機種の中で最速で、アップロード速度で9.31Mbpsに上った。特に西日本においては11.38Mbpsと高速。

今回、キャリアアグリゲーション(複数の帯域を同時利用することにより高速化を実現する技術)を先行して導入しているKDDI(au)の場合、ダウンロード、アップロードのいずれも、主要駅においてキャリアアグリゲーションの効果が存分に発揮されているとは言い難い結果だった。

 


各キャリアの乗り換え参考にしては如何でしょうか。

参照:日経BPコンサルティング

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>